気まぐれエッセイ@メキシコ

不定期に適当な文章をつづっていきます(現在バヨ中心)

冬休みが終わらない

 大好きなアーサー・ランサムの本に『長い冬休み』というのがありますが。バヨの冬休みも、先生からの連絡待ちなんだけど、まだ来ないんだよねえ……。学校*1始まってて、いろいろとややこしいのかも?

 

 んで、前の記事(去年!)に、ブログネタが増えます、とか書いて、それっきりになってたっていうね。実はアホなことに年末年始に体調崩しまして、ゴロゴロしてるあいだにいつの間にか年が明けて、ええと、今さらですが、

 あけましておめでとうございます!? 今年もよろしく!!

 

 まあそれでも、練習サボったのは三日くらいかな? それ以外は、まあまあ練習はしてます。

 いちばん熱心にやってたのが、録画。もうずいぶん長いことサボってまったく録画してなかったのと、毎年こうしてクリスマス~新年に冬休みがあるんだから、一年分の成果を毎年まとめておいたらいいんじゃね? と思いつき、最初の一年の分は探してみたら12月頭に一通り弾いたのがあったので、それでいいことにして、去年(2年目)の分をせっせと弾いては録画してました。

 とはいえ、体調不良でサボってた分、バヨのほうも調子いまいちだったり、1年目の曲もビブラートかけたりしてるからそれも一通り、とかやってたら10曲くらいになるし、久し振りに弾くとぜんぜん弾けなかったり、しかも一般にはとてもとても公開できるようなものではないので、ひっそりと。

 最後のモーツァルトポロネーズはまだまだ完成形にはほど遠いですが、それもこの一年の成果ってことで、今年の終わりには、もう少しマシな演奏できるようになってるといいな。

 

 そして、去年先生から何度か、やりましょうと言われつつも流されていたハイポジション。少なくともポジション移動の練習くらいは勝手にやっててもいいんじゃない?と思い、でも具体的にどう練習すればいいの? ってところを、今はネットがあるから便利ですねえ。探したら具体的な練習方法を書いてくれているサイトがありましたので、それに沿って、サードポジションへの左手の移動を練習してます。

 まずそもそも私の先生は、二番目に覚えるポジションとしてサードを、という方針か? それすらも確認してません。日本ではだいたい、ファーストの次はサード、というのが主流みたいですが、スズキ(4巻冒頭)見てると、セカンドとサードが一緒に出てたりするし!?

 でもまあとりあえずサードやっとけ! てことで、手の移動の練習。そして、G線のサードポジション人差し指はドの音。ってことはここからやるとハ長調のスケールが2オクターブ弾けるんか! と「発見」したので、スケール練習も。小指が無理に伸ばさなくても届いて楽ちん~~~♡ アルペジオなんかもやるといいんかな、と思いつつ、まだちゃんとはやってません(一回やったけど、音取るのがまだ難しい)。

 それから、休み中の課題としていた肩甲骨は、違うことに気を取られていると忘れていることもあるようですが、前よりは動いてるかな? そして肩甲骨で右腕の高さを調整できるようになると、移弦もマシになった気がする。

 右手親指の脱力も、モーツァルトポロネーズでスピッカートとデタシェの切り替えのところで意識してみると、おおおお、跳んでた弓がわりとすんなりおとなしく弦に乗るではないですか! という発見。しかし、いつもできるわけではないのが、まだ悲しいところ。

 

 そのついでですが、ボウイング練習の一種のシュポーア、去年9月のレッスンでいくつか新たに注意された点がありました。弓を小刻みに使うこと、それには肘じゃなく手首で動かすこと。

 そもそもシュポーアは、移弦のところのテンポが速く、しかも下りではそこに右小指という難問がさらにかぶさってくるんですが。

f:id:tierra_azul:20220113021746j:plain

 赤い音符が小指で押さえるとこね。肩甲骨で移弦がうまく行くんなら、これもマシになるはず、と思ってやってみたけど、なかなかうまく行かん……。で、しばらく基礎練と言ってもただ漫然と流しておしまい、じゃなくて、シュポーアだけはいろいろとやってみてるところ。

 で、手首を動かすことに意識集中していると肩甲骨がちゃんと動いてないみたいで、移弦が汚なくなる。そこで、肩と肘をグラグラしないようにと頑張ると、あ!

 年末に手に入れた『身体の作り方・使い方』の本で、筋肉を「単に動かさない」ことと「固定する」ことの違いについて書かれたのを読んでたんですが、これか! と自分の体で感じることができました。肩や肘に力を入れて動かすまいとしていると、「固定」された状態になってます。そこから移弦しようとしたら、まず「力を抜いて」「動かす」という2ステップが必要になり、反応が遅くなる。なるほど、これはあかんわ。

 と、頭ではわかっても、じゃあうまい具合に力を入れずに肩や肘を動かさないでいられるか、というと、まあ難問ですけどねw そんで、肩や肘のことに意識向けてると、今度は手首がまた動いてないしッ! 何とかここらをマスターしたい。たとえマスターしたって、たかが基礎練習なんですけどね……。

 

 例えばコンチェルティーノの第1楽章で十六分音符で刻むところ、手首手首と言われてて、この年末の録画で撮ったのを見てみたら、うわ、ぜんぜん手首動いてないやん!と自分で愕然とし、翌日撮り直したら、今度はちゃんと動いてて、あーやればできる(=忘れてたらできない)んだな、と一安心!? でもその録画、ラストでこけましたけどね。

 と思っても、モーツァルトポロネーズ、昨日録画したのはやっぱり手首動いてなくて、肘ゴンゴンやってるなあ私……。こりゃ先生も口を酸っぱくして言うわな😰

 ここらをマスターするにはまだまだ、二週間や三週間はかかりそうだから、冬休みが終わらなくてもぜんぜん困らないんですけどね……。そうは言いつつ、やっぱりそろそろレッスンが恋しいなあ💘

*1:先生が勤務してる大学の音楽部門。コロナで休校状態だったけど、今年から通常授業始まるらしい

音楽表現って何ですか

 しばらくレッスンがないとなると、自力で何とかしなくちゃ! というほどではないとしても、どう練習すべきかとかごちゃごちゃ考え始めるので、ブログネタが増えます、あしからず。

 

 肩甲骨を少し使えるようになってくると、音がマシになった気がします。一音一音がそれだけでも変な音になっていたりとか、移弦のときによけいな弦を触ってしまって雑音出すとか、そういうのが少なくなった気が。

 そうなってくると、今度は強弱とかの表現も気を付けて弾こうかという余裕が出てくる。そんなときに、たまたま見た動画が、「練習とは何か」というテーマでした。

 練習はまずテクニック、技術を磨くため。でもそのテクニックは、表現の自由さを手に入れるためのもの。表現は、自分がその曲に対してどう解釈するか。

 

 で、またここで躓くわけですよ。音楽、特にクラシックの場合、すでに楽譜があって、もちろんそこにプロ奏者はそれぞれの解釈を付け加えて演奏してるんでしょうが、それって私レベルでもやらなきゃいかんの?

 理屈では、そうなのかなとも思うんですよ。目指す音がわかっていなければ、どんな練習をすればいいのかもわからないわけだから。でも、とにかく最初はそんなレベルじゃない、という気もする。どんな音を出したいか考える以前に、まともな音(音色も音程も)が出せないんじゃ論外では?

 

 そもそも「音楽表現」って何なんだろう? というところから始めますか。で、検索してみたら、英語ウィキのみに「ミュージカル・エクスプレッション」というページがありました。冒頭の定義をグーグルが翻訳してくれたところによると、

音楽表現とは、音楽に個人的に反応して演奏または歌うことの芸術です。 実用的なレベルでは、これはダイナミクス、フレージング、音色、アーティキュレーションを適切に使用して音楽に命を吹き込むことを意味します。作曲家は、これらの表現の側面を、楽譜の表記で多かれ少なかれ指定できます。

 つまり、作曲家の意図するところを読み取りつつ、演奏者独自の表現を。う~~~む。前も、ここの役割分担がなんか腑に落ちなくてグダグダ記事に書きましたね。

 

ensayomx.hatenablog.com

 プロなら、音楽史も勉強して、演奏する曲の作曲家の人生や性格を研究し、背景となる時代の歴史までもを考えて、その曲がどういう時代にどんな背景を持って作曲されたか、まで知り尽くしたうえで、演奏したりするのでしょうけど。

 そこまではやってらんないアマチュアなら、じゃあテキトーなところで独自に解釈しちゃっていいの? もちろん、その曲をあまりにも改変することは無理だとしても(例えばトルコ行進曲を葬送行進曲みたいな雰囲気で弾いちゃうとか)、明るいー暗い、楽しいー悲しい、軽いー重い、程度の大雑把な認識さえ合っていれば、あとは難しく考えなくてもいいのか?

 

 何かその辺を初心者向けに解明してくれるような本とか出てないかなあ、と検索してみたんですが、幼児の音楽教育の本か、あるいは専門家向けのめっちゃ難しいやつか。

 ないなあ、と思ってたら、こんなサイトを発見しました。

www.piano.or.jp

 ピアノレッスンのサイトで、主に小さいお子さんの生徒を視野に入れた話ですが、それでも大いに参考になりました。リストの下から順番に、全部読みました。

 最初の記事。

  音楽というのは、自分の想いを音を通して伝える手段の一つだと思います(日本人が一番伝えやすい日本語ではなく)。
 うれしい時には「こんな事があったよ!」と人に言いたくなるように、楽しい曲を「こんなに嬉しくなれるよ」と、聴かせたくなる。悲しい切ない曲があると、それをそのような気分に乗せて、人に伝える。

 (中略)

 言葉で説明できない分、聴き手は色々な想像を膨らませます。そこも音楽のおもしろいところです。

 言葉も誤解されることはありますが、音楽はそれよりさらに抽象的。まあだから、言葉や文化が違っても通じる(こともある)ってのが、また面白いですけどね。

 しかし、言葉の場合は、まず自分の気持ちがあって、それを表現する言葉を探してくるけど、音楽の場合は先に曲があって、その曲の気持ちを伝える? それとも、あるいはそれプラスその曲を発見した自分の感動を伝える? きれいな花や面白い虫を発見したときみたいに?

 言葉とのアナロジーで考えると、どうしても音楽でも即興演奏とかしないといかんような気になってしまうのですよね。そのときの自分の気分をメロディにして表現する、みたいな。でも、クラシック音楽の演奏はそれとは違う。

 

 その次の記事(032)によると、

 ピアノを使って自分の気持ちを表現するのが「ピアノを弾く」ということ。

 それが楽しい行為だというようなことを前回述べましたが、具体的に、表現力のある演奏とは?

 作曲家が作った曲を表現するのですから、演奏する人が言いたい事をただ並べるのとは少し違います。役者が、台本をもらい、その役になりきって表現していく(演技する)事と似ています。その場合は台本が日本語ですから、表すべき感情をすぐに理解でき、表現につなげやすいと思います。

 音楽の場合は、日本語ではなく音符です。

 ここから、その音符で表現するには、単語=フレージングが重要、そしてひとつひとつの音をどう出すか、ここらはテクニックの話になってきます。当然ですわな。

 その中にも、なるほどなるほどと思うようなことがたくさん書いてありました。全部コピペして忘れないようにしたいところですが、さすがにそれは……なので、控えておきますが。とにかく、もっともっと細部への意識を研ぎ澄ませること、それプラス、自分の表現というものを持つこと、それを演奏に反映できるテクニックを磨くこと。

 

 とは言ってもねえ。今の先生にレッスン受け始めてすごく初めのころに、バッハのメヌエット1番をやってて、この曲はどんなイメージ?と訊かれて、答えられませんでした。そもそもあのころは、今に輪をかけて(かけまくって)それどころじゃない!!!って感じでしたしね。このピアノのサイトを読んでいると、ここで小さい子供なら、難しく考えないでパパッと楽しい連想で何かを思い浮かべるんだろうなあ、と今ごろになって納得したりw でも頭の固いオトナになっちまった私は、そんなこと急に訊かれても答えられませんて。タンタンタン、タ~ラララン♪ でしかないのよ……。

 まあそれでも、今練習してるモーツァルトポロネーズなんかは、人様の演奏を聴けばそれなりにイメージは湧くし(これも上記サイトに書いてありました、なのに自分の演奏ではイメージゼロってどういうこと、ってw 弾くだけで必死でそこまで頭回ってないものと思われ)、これとはちょっと違うふうに弾きたいな、というのも少しはあります。できるかどうかは別として……。

 

 あと、勝手に思ってたんですが、表現、感情表現、という練習なら、比較的ニュートラルな曲をいろんなふうに演奏してみるとか。何ならスケールでもいいわけです。いつもやってるト長調のスケール2オクターブの往復を、いろんな感情で色付けして弾いてみる。ボウイングはもちろん、リズムとかもちょっと変えていいことにすれば、可能性は無限大。まあこれ、部分的に即興にもなってしまいますけどね。

 まだまだ習ってないテクニックのほうが多いレベルで、私にできることなんて限られてますが、それでも少しずつでもこういう練習もやっておけば、いつか役に立つ日が来るかもしれない!?

 何にしろ、まだまだまだまだ先は長い、ということで。

肩甲骨と腕の重みと強弱

 レッスンがないので、のんびり練習、肩甲骨を意識したボウイングで、メヌエットとかワルツとかの、最初のころに習った曲を弾いてみたりしてます。

 それと並行して、ぼちぼち例の本(『ヴァイオリンを弾くための身体の作り方・使い方』)を読んでるんですが、あったーーー! まさに知りたかった、肩甲骨と腕の重みの話、59ページに!

 

 まず、肩の前面、胸のあたりにある大きい筋肉が「大胸筋」、肩と上腕骨をつないでいるのが「三角筋」、背中側の肋骨裏にあるのが「広背筋」だそうで。

 そして、肩甲骨を動かす筋肉は「回旋筋腱板」=「ロテーターカフ」というらしいです。いくつかの小さい筋肉の集まり(図↓参照)だけど、とりあえずまとめて。

f:id:tierra_azul:20211224123457p:plain(画像はお借りしました)

 

 肩甲骨を動かすのは、このロテーターカフ。でも、普段はここが動いてるかどうかなんて、あんまり意識しません(よね?)。

 この本では、それを確認するための方法もいくつか図解してあり、まあ人に触ってもらって、なんてのもありますが、そこらは適当に壁とかで代用しつつ(ダンナに、肩甲骨って知ってる?と訊いたら、だいたいの位置は知ってましたが、私のを触ってもどこかわからんとw そこまで太ってないと思うがなあw)、とにかく動いてはいると思うんですよ。

 その肩甲骨の動きには6種類あるんだそうで。

 肩をすくめるときの上への動きと、両手をついて体を持ち上げるときの下方への動き。両手を後ろで合わせるときの後退(内転)と、両手を前で合わせるときの前出(外転)。腕を横から上へ上げる動きの上方回旋と、その逆の下方回旋の6つ。

 肩甲骨の角度を変えないまま上下する、最初のふたつは、バヨ演奏のときにはやっちゃならない動き。前後の動きと、上下回旋が、ボウイングに必要な動きで、これを組み合わせていくと。

 

 さて、普通に立って、腕を横へ持ち上げるとき、肩甲骨から持ち上げているか、肩の筋肉で持ち上げているか(最初の60度くらいまでは可能だそうです)のチェック。これをやって思い出したのが、前に書いたことですが、どの弦を弾くかを肘の高さで覚えるって言われても、肘の高さなんてわかんねーよッ!ってところで、肘より脇の開き具合のほうがわかりやすい、っての。腕を上げるのも、これに似てる。肘を上げようと意識すると、肩甲骨が動きませんが、脇から上げようとすると動く(たぶん)。そして、肘から先は脱力していられるんですね。

 

 そして、59ページ。

実生活では、腕を上げる時に最初に肩周辺の大きな筋肉軍(三角筋や大胸筋など)を使い、ある程度の高さに腕が上がってから肩甲骨の上方回旋運動を加えることが多いのですが、最初から肩甲骨の上方回旋運動が使えると、腕をよりじょうずに使うことができます。(中略)

一方、下方回旋運動は、弓に重みをかけるときに用いる場合があります。

 これ! ここが知りたかったのよ!

 

 今までもレッスンで、いろんな場面で、「腕の重みをかけて」と言われてきました。弓を弦に押し付けるのではなく、腕の重みをかけて、と。そのために肘(肩、手首etc.)の力を抜いて、とか、人差し指をひねるようにして圧力かけて、とか。言われたときは何となくできるんですが、弾いてるとまた、そんなのどこかに吹っ飛んじゃう。で、ぜんぜん身についてませんでした。

 この本では、さらに図解があり、そこの説明で、

上方回旋運動で上げた腕に、下方回旋運動を少し加える。そうすると、腕全体をしなやかに保ったまま重さをプラスすることが出来る。

 パッと一読、意味わからん、ってなりましたが、じっくり読んで、やってみると納得です。今までいろいろ言われてたこと、これだったんかー!って感じです。

 いろんな場面で、というのは、まず音がスカスカしちゃう、という論外な状態から、音の強弱の付け方まで。で、最後のレッスンでも、強弱記号の話が出て、どうやるんですかと訊いたら、腕の重みで、と言われた……。

 これについても、YouTubeで10本くらい動画を見ましたが、弓の使う位置(先弓か元弓か)、弓の速さと使う分量、弓の毛の分量、弦の位置(駒寄りか指板寄りか)、などは説明しやすいからか、だいたい言及されてるんですが、弓の圧については軽く触れる動画もあるけど、そこを具体的にどうするかってのがなかなかなかったです。

 で、この肩甲骨を上に回しつつ下にも回す(厳密には違うけどw)というのでやってみると、強弱もちょっと……できてる気がする。でもホントにちょっとだなあ、弾いてる私でそのくらいしか差が感じられないと、聞いてる人にはさっぱりわからんだろうなあ、くらいでした。が、何度かやってると、だんだんその差が大きくなってきた……気がする(こればっかですいません)。

 しばらく頑張って練習すれば、もっとしっかり強弱付けられるようになるんかも! 今はまだボウイングのみに集中してやっと、のレベルで、これを曲に応用するにはさらに時間がかかりそうですが……。

 

 本にはさらに、大胸筋などを緩めることで腕を長く(=弓を長く)使う方法や、そのためのストレッチ、そして弓を持つ指の動き、などなど、まだまだ役に立ちそうな内容が続いてます。一気に全部は無理なので、少しずつ少しずつ。

 え、明日クリスマスイブ?(こっち時間) その次は大晦日とお正月? うちは大掃除もしません(メキシコにはそういう習慣ないので、はっはっは)。よって、ただの平日と週末です。ダンナも、あいにく今年は祝日の25日と1日も土曜日なので、普通にずっと月曜から金曜まで仕事ですし。

 皆様は、どうか楽しいクリスマスをお迎えくださいませ。

f:id:tierra_azul:20211224134235p:plain

 

肩甲骨を使うこと

 レッスンが年末年始の一ヶ月ほどお休みになるので、そのあいだの課題を三つ(移弦、右手親指脱力、肩甲骨)先週書いたけど。考えてみたところ、順番を逆にしたほうがよかろうと思いました。まず肩甲骨を使ったボウイング、右手親指も脱力できるようになってから移弦の練習したほうがいいでしょう。逆だと、ボウイングの変化で移弦がまたダメになるかもだし。

 

 そもそも肩甲骨ってどうやって動かすん? ていうか私の、動いてるん? ってところからしてわかってません。元来、肩凝り症だしね。

 とりあえずいろいろ検索してみたら、こんな動画見つけました。


www.youtube.com

 

 この動画によると、まずは腕(肩甲骨)を全方位に回せ、とのこと。そうか、そりゃそうだよな~、と右腕をぐりぐりぶんぶん、回しました。この動画のトレーニング、半年ほど毎日やれば見違えるほど肩甲骨が動くようになるとのこと。半年もかかるんかいッ! と思いましたが、千里の道も一歩から。

 

f:id:tierra_azul:20211222121428p:plain

 

 でも、ヨガみたいなストレッチとかで肩甲骨を緩めるのも、私の場合必要かも、と思って、そういうのを探して(これはいくらでもあります)やってみたら、すでにぐりぐり回した右のほうが柔らかかった! でも左も硬くてもいいってわけではないので、やはり両方のストレッチは大事ですね。

 

 で、半年にはほど遠いけど、ボウイングを肩甲骨意識してやってみると、あら? なんか安定したというか、移弦もマシになってね??? 気のせいかもしれませんが。

 それと、前にも肩甲骨~~~、とか言って(記事も書いたような気がする……)少しやってたので、100%はできてなくても、何割かはすでにちょっとできてたのかも? とか勝手に期待してみたり。

 

 

 さらに、昨日ですが、前に紹介した本が届きました。『ヴァイオリンを弾くための身体の作り方・使い方 基礎編』てやつです。お値段はちょっと高いけど、ずばりバヨのための本だしな、と奮発。薄い本なのに、紙質がよくてずっしり重いw そして中身もずっしり重い! これは値打ちもんだったかも。

 筋肉を使うこと、固定すること、使わないこと、の違いなどから始まって、細かく丁寧に書かれているので、さらっと読み流すわけにはいきません。脱力とか、肩甲骨とか、今まで何度も言われてきたこと(でもできてないこと)、言われたけど聞き流してきたことなどが書かれているので、これからじっくり読みながら実践にも利用していきたいと思います。これは、と思うところがあれば記事にします。

今年最後のレッスン

 先週書いた、左肘の問題は、練習を控えめに(トリルはほぼお休み)、ツボの指圧、湿布(日本人友人がくれたのが残ってたのを、だいぶあとになって思い出した)、そしてもうほぼ痛みがなくなってからさらに思い出したのは、ダンナが買い込んでたグルコサミンとコラーゲンのサプリ(しばらく飲みます)、それとテニスプレイヤーが使う肘サポーター。このサポーターは、昨日買い物に行ったスーパーで探したら、適当なお値段のがあったので、買いました(下写真のブツ)。これで心置きなく練習できるぞ! って言っても無理はしませんがね!

f:id:tierra_azul:20211214091755j:plain(写真は借り物です)

 

 

 さて、この一週間は肘温存のためにあんまり練習してなくて、基礎練習とモーツァルトを少々、という感じ。なのに先生、コンチェルティーノからやりましょう!って😂 先週はモーツァルトでボロボロになった最後に、コンチェ通してやったけど、よろよろだったから今日は頭に、と。

 しかも今日は、旦那さんが急用で出かけちゃったので、赤ちゃん同席! 前にも一度そういうことあったけど、あれは7月、5ヶ月も前か~。あのときは乳母車(死語? ベビーカーのことです※念のため)で寝てたのに、私が調弦でギギ~~~~!って音出したもんだから、びっくりして泣き出しちゃったんだよね。でもそのあとはずっとおとなしくしててくれたけど。今日も、とってもいい子でいてくれたけど、前のときよりもうだいぶ大きくなってて、でもまだ歩いたりはしないそうで(つかまり立ち、伝い歩きはする)、ずっと先生が抱っこして、その膝からキラキラお目目で私がバヨ出したり弓持ったりするのを見てるし、音楽に合わせて踊っちゃうしw、ピアノもたまに弾いたり、ボリュームボタン押してピアノの音消しちゃったりw そして、コンチェのピアノ伴奏は私のiPadに入れて持っていってるんだけど、iPadをピアノの譜面台に置くと赤ちゃんが欲しがって騒ぐから、ちょっとそっちの方に置いて、と言われたり。まだ一歳にもならないのに、すげーな、さすがデジタル世代の子だな!!

 

 で、コンチェ、ほんの一週間ほど弾いてなかっただけで、ボロボロでした、レッスンの頭にやっても! 指遣い忘れてるし~。こんなことならもっとマジメに練習しておくんだったよ……。

 そしてモーツァルト、こちらは前にアップしたピアノとの合奏動画、テンポはゆっくりめの♩=80なんですが、そしてピアノの前奏がないので非常に合わせにくいんですが、この一週間でまあまあ一緒に弾けるくらいにはなってました。そして、一緒に弾いてみると、私が力いっぱい弾いてるところで、動画のお姉さんはふんわりとピアノで弾いてたり(楽譜見れば確かにそういう指示が……)、最後の一音もきれいに丁寧に弾いてるなあ、などとの発見もあり。

 でもねー、レッスンで伴奏なしで(先生も今日は赤ちゃん抱っこしてるからセカンドバヨ弾けなかったし)弾くと、まあひどいです。バヨ動画に合わせると、プロの演奏の音があるから、自分も弾けてるような気になっちゃうのかねw

 

 そして、細かいところの指摘は割愛して、全体的に言われたことは、まず移弦が下手くそ。それ、今日のレッスン前にも思ってたんですよね……。右手と左手の移動のタイミングが合わないんです。そして弓の角度を変えるタイミングと速度も、うまくない。わかってはいるんですが……。

 とにかく、自分の音をよく聞いて、きれいに出す努力を。そして、モーツァルトなんかも、ゆっくりだとちゃんと音を出せていても、速くなると音が汚なくなったり、短い音はほとんど聞こえなくなったりする。それではダメで、どんなに速く弾いても、楽譜の音は全部きちんと出すこと

 それから、特にモーツァルトは(どの曲も)軽くて簡単そうに聞こえるけど、実際には1小節に詰まってる情報量とかすごく多くて大変(知ってますw これはバヨやる前から知ってるよ、モーツァルトは曲者だよね)。強弱とか一つ一つの音の出し方をちゃんとマスターして演奏すること。つまり、このポロネーズもまーだまだってことですかね。

 そして何より(これは何度も何度も言われてるけど)、自分の音を楽しむこと。その余裕があればねぇ………………🙈 でもまあ、最初はなんじゃいと思ってたビブラートもやってみるとけっこう楽しいし、モーツァルトもある程度楽しいとは思えるようになってきてるので、習い始めたころに比べれば、少しは余裕もできてきてるのかも???

 

 さて、そんなこんなで今年のレッスンも終了、とうとうハイポジションには行ってもらえませんでしたがw まあ課題は他にもいくらでもあるから、文句は言いますまい。

 次のレッスンはたぶん1月半ばくらい、でも先生の学校のほうも通常授業が始まるかもしれなくて、そうするとずっと学校に行ってることになるので、レッスン時間もどうなるかわからないとのこと。まあこちらは以前より時間の融通は利くので、先生に合わせますけどね。

 でも一ヶ月ほどレッスンなしの冬休みということで、どうしようかなあ。モーツァルトもまだまだ練習しとけってことでしょうけど、それだけだとぜったい飽きるし。

  1. 移弦の問題(どう練習したらいいかわからんけど)
  2. 先週言われた、右手親指の力抜く練習(やってるけどまだまだ)

 この二つをちょっと何とか頑張ってみるか……。合間に、なんか適当な楽譜で新しい曲もやってみてもいいかな(勝手にやりかけてる曲はいくつかあります)。

 

 あー、今思い出したけど、強弱の付け方で、弓を弦に押し付けるのではなくて、腕の重さをかける、肩甲骨から、って言われたんだけど、これも意味不明なんだよな……。これもちょっと休みのあいだにいろいろやってみますか。

 と言いつつ、今日の午後は、猫たちが結託してバヨ練習の邪魔をしようとしてたので、サボりました。まあ朝のレッスンでしごかれたしな!?

f:id:tierra_azul:20211214091737j:plain

 

ゴルフしたこともないのにゴルフ肘

 昨日はレッスンが先生の都合で出来なくて、代わりに今日(火)の午後4時半からでした。いつも家では4時か4時半くらいから練習するので、ちょうどいい時間。でもその分一回分練習が減ってしまうけどな……。

 今日は昼ご飯を早めに食べて(いつもは2時前後だけど1時に)、一休みしてからレッスンに行く前に一時間ほど練習しました。そしたらレッスン冒頭の基礎練習が、なかなか調子いいじゃないか~。先生には、いつもこの時間練習してるからかも、とか言っておきましたが、直前に(と言っても準備して車で先生宅までの30分くらいは間あくけど)練習してたのは内緒w

 ここ1,2週間は基礎練も割とマジメにやってますしね。それだけで(だらだら休憩挟みながらやるからだけど)一時間くらいかかっちゃいますけどね。

 でも、この一週間ほど、左肘の内側がピリピリと痛いんですよ……。筋肉痛ではなくて、神経痛か、関節炎みたいな? 動かしたら痛いわけでもなく、じっとしてても何かの拍子にピリピリとした痛みが。最初はあんまり気にしてなかったんですが、いつまでも治らないから、原因は何だろうと考えたらやっぱバヨ練習?

 基礎練に、スケールでのビブラートと、しばらくサボってたトリルも盛り込んで、特にトリルは♩=120で16分音符に挑戦。最初はリズム取るのも無理!って感じでしたが、人差し指と中指はまあまあできるようになり、薬指も最近はだいたい追いついて動いてて、小指はまだ無理、という感じ。

 でももしかしてこの指の運動が肘に負担? でもトリルをやってるときに痛いわけじゃないんですけどね? いろいろ検索してたら、昨日こんなの見つけました。

f:id:tierra_azul:20211208110612j:plain

 そう! まさにここが痛いの! 画像はこちらからお借りしました。で、これをゴルフ肘というらしいです。ゴルフ……やったことはもちろん、用具に触ったことすらないw ゴルフプレイの用語でこんな動きをしたとき、とか書かれててもさっぱりわからないくらい、縁のないスポーツなのにw

 肘の反対側(外側)が痛くなるのはテニス肘だそうで、テニスもまったくやったことないですけどね。バヨ肘ってのはないのかw

 上記サイトにはこんな記述もあり、

(筋肉と骨の間にある)は、体を動かすとき筋肉の収縮を骨に伝える働きをしています。筋肉は、年をとってもトレーニングで鍛えられるのに対して、年相応に老化が進んでいきます。これが中高年にゴルフ肘が多い理由になっていると考えられます。

 腱はトレーニングしてもダメなんか……😰 しばらくはトリル16分音符の練習は断念します……。

 

 ゴルフ肘で検索すると、ストレッチ法とかもいろいろ出てきて、それもやってますが、肘の痛みのツボというのがあり、今日の昼前に見つけてそこを押してみると、痛い痛い。

 

f:id:tierra_azul:20211208112748j:plain

 

 ゴルフ肘のツボはこちら

f:id:tierra_azul:20211208112653j:plain

 

  しばらくこの辺をぐりぐりやってたら、レッスン行くことにはだいぶマシになってました。自分の歳を考えて、無理はしないで控えめに練習することにします……。

 

 

 さて、レッスンはモーツァルト、先週よりはだいぶ良くなってるけど、まだまだ細かい指示をいっぱいもらって(ここの音はもっと弱く、ここは弓をもっと大きく使って、などなど)、先生も一緒に同じパートを弾きながら、さりげなく途中から下のパートに切り替えたりして、二重奏も先週よりはいい感じ~。というか私に、先生のバヨを聴く余裕がやっと少しできてきたかな、というところ。

 ポロネーズだからもうちょっと速くね、と言われてスピードアップもしました。そうすると装飾音符すっ飛ばしたり、あちこちで音を落としたりするけど、どうにか食らいついて合わせることだけはできる、って感じ。

 今日言われた大事なことは、右手親指に力入りすぎ、ということ。そうなん? 自分じゃ力入れてる意識すらないですけどね。先生が言うんだから、力入ってるんだろうな。今後の研究課題です。

 最後にコンチェルティーノ1から3までぶっ通して弾いて(練習では部分ばかりやってて、通しで弾くのは久し振りだったので、1と3は途中で落ちてウガガガってなりながらどうにか復帰しましたが)レッスン終了。モーツァルトもコンチェも、もっと楽しんで軽く弾いて、と、これまた今まで何度も言われてることをまた言わせてしまいました。

 そういえばモーツァルトの部分練習してるときも、私の弾き方は大きいコンクリの塊を腰にくくりつけて引っ張ってるみたい、と言われw いやなんか意味わかりませんがw イメージはわかるけどw でもリズムとかテンポは合ってるって言うんですよね。で、その腰の紐を切って、軽々と踊って、と言われたんだけど、どうすればいいのかわからにゃいw とりあえずは右手と左手の指が軽々と動くようになるまで練習、ですかね。

 

 ポジション移動は、今日も教えてもらえませんでした……。今年は来週のレッスンで最後になるらしいから、せめてモーツァルトはしっかり仕上げましょうってことか。まあそのほうが私も助かります。

 もう薄暗くなるころに帰宅して、いつも通りレッスン内容をノートにメモしようとしてたら、ニャンリンが、断固として邪魔をするw

f:id:tierra_azul:20211208114104j:plain

 まあもうだいたいは楽譜のほうに書き込んだし、あわてて書かなくてもいいんだけどねw

メロディ打楽器がほしい♪

 前も書きましたが、私、音が出るものが全般に好きです♡ 単音でも、きれいに響くとそれだけでうっとり。

 で、ちょっと前から気になってる楽器があって、でもメキシコでの通販だと中国からのがほとんどだし、実物見ないで(聞かないで)買うのもなあ……。と一時期は諦めてたんですが、最近こんな本を読んで。

 

 音律はピタゴラスから始まって、どうして1オクターブ12音なのかとか、わずかなずれを修正するためにいろんな音律が工夫されていって平均律が生まれたとか、純正律との違いとか、まあ基本的にはだいたい知ってることでしたが、和音に関するあたりなどは、へえ~ということも多くて勉強になりました。

 そのなかで、世界の民族音楽で使われているそれぞれの音律についても書いてある章があって、そこに、言及されてたんですよ、前に私が欲しいな~って思ってた楽器が。

 どんなんかというと、これです。


www.youtube.com

 

 実際の音は、35秒くらいから。

 これ、前にどこかで見かけて、シンプルな構造、でもよく響くいい音~、ってすごく気に入って。でも忘れかけてたのに、上の本で、この楽器の由来が書いてあって、それがまた面白くて。

 自分でもいろいろ調べてみたところ、厳密には同じ楽器ではなくて、いくつかの種類があるようです。

 

スティールパン 

 まず最初にできた、これによく似た楽器は、スティールパンというらしいです。ウィキの説明を借りると、

トリニダード・トバゴでは、19世紀半ばに当時占有していたイギリス政府によりドラムの使用を禁止された黒人達が、いろいろな長さにした竹の棒を地面に打ち付けたりバチで叩いて音を出すタンブー・バンブーを代用していた。しかしタンブー・バンブー(Tamboo bamboo)の使用も禁じられた人々は、身近にあったビスケットなどのカン類などを楽器として使用し始めた。そうした中、1939年に、ウインストン・スプリー・サイモンがぼろぼろになったドラム缶を直そうとしていた際、叩く場所によって音が違っていることに偶然気付き、スティールパンの元となるものを作り出したと言われている。

 

 これは凹型で、叩く面が内側にくぼんでいるので、撥(マレットとも)がないと難しいですね。演奏は、数ある動画から選んでみました。いかにもカリブ海って感じの音楽がやっぱ似合いますね。

 


www.youtube.com

 バックで鳥がピヨピヨ言ってるのがかわいい🥰

ハンドパン 

 このスティールパンを凸型にしたのが、ハンドパン。UFOみたいだな~。こちらは、手でも演奏できて、マレットは使わない場合が多いみたい。できたのは意外と最近で、これまたウィキの説明によると、

2000年にスイスのPanArt社が開発したハング(Hang)および、それに似た形状に作られた楽器の一群の総称である。 

 とのこと。演奏は、これまたいろんな動画ありますが、これとか、いい感じ~。


www.youtube.com

 

ティールドラム

 そして最初に紹介したのは、スティールドラム、別名タングドラムとかスリットドラムとかいうらしいです。これは名前のとおり、スリットが入って、音の出る部分がタング(舌)状になってるから。そしてこれはマレットでも指でも演奏でき、さらには指先に指輪みたいなフィンガーピック、フィンガーマレットなるものをつけての演奏もあるみたい。

 ウィキページは日本語がなくて、英語ですが、

A steel tongue drum, tank drum or hank drum is a round steel slit/tongue drum originally fashioned from a propane cylinder. 

The steel tongue drum had several predecessors, most notably the Whale Drum in 1990 by Jim Doble and the Tambiro by Felle Vega. In February 2007 Dennis Havlena .... created a steel tongue drum with a circular cross pattern layout from an empty 20-pound propane tank.

 原型になったWhale Drumというのは、こんなんらしい。


www.youtube.com

 

 もう一つの原型、Tambiroというのは、こんなん。


www.youtube.com

 この髭のおじさんが製作者だそうで、ガスシリンダーで作ったってw そもそものスティールパンの由来もそうですが、打楽器ってホントにそこらにあるもの何でも使えるのがすごいですよね。

 そして、スティールドラムは2007年に、やっぱりプロパンガスタンクから作られたと。


www.youtube.com

 

 すごいなー、こんなん見てると、私もそこらの廃品で適当に作れそうな気がするけどもw 金属加工の技術ないから無理かw

 アマゾンで売ってるし、いろいろ探して比較検討してみたところ、メキシコアマゾンで買うより、日本アマゾンで買ってメキシコまで送ってもらうほうが、送料込みでも安いってことに気付いてしまった……。近いうちに買っちゃうかもです😁

 


www.youtube.com

 


www.youtube.com

 ふたつめのは、両側で寛いでるワンコたちがかわいい🥰

 で、楽器手に入れたらこんな感じで演奏できるといいなあ~。バヨよりはだいぶ簡単そうだし!?